読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cipolinaの甘い生活

お菓子ときどき旅

「a tes souhaits」(アテスウェイ)


何年かぶりに吉祥寺へ出かけました。吉祥寺といえば、「佐藤のメンチ」を思い出してよだれがでちゃうワタシですが今回は我慢我慢。
 この日向かったのは、パティスリー「アテスウェイ」さん。シェフの川村さんはブルターニュの4つ星ホテル「グランドホテル・テルメスマリーン」で修業。クープ・ド・フランス世界大会での優勝をはじめ、数多くの賞を獲得している名パティシエ&ショコラティエ
 私が初めてアテスウェイさんのことを知ったのは8年前。川村さんの著書「ブルターニュに学んだ菓子」でした。ここに登場するガレットブルトンヌがどうしても作りたくて、幾度となく練習を繰り返しました。それから時を経て、私もほんのちょっとだけ成長し、作り方もすこし変わりましたが…。塩がびしっときいたブルトンヌは、今でも大好きで、そしてとても大切なお菓子の一つです。

私の中のアテスウェイさんのイメージは、キャラメル、リンゴ、栗。あ、もちろんショコラもはずせません。選んだのは4つ。タルトタタン、キャラメルテンダンス、モンブラン。 そして写真にはありませんが、ミルフィーユ・ショコラ・バナーヌ。

4つの中ではミルフィーユ・ショコラ・バナーヌガ出色で、ショコラとバナーヌの口どけ、ぱりぱりのミルフィーユのバランスの素晴らしいことったらありませんでした(感涙)。




ヴィエノワズリーも魅力的でした。この後パン屋さんに行く予定だったにもかかわらず、パン・オ・ショコラを購入。生地はこれ以上ないほど軽く、バターの香りが豊か。バトンは二本。むふ。二本入っているとなんだか嬉しくなってしまいます。
 そうそう、店名の「a tes souhaits!(アテスウェイ)」は、フランスではくしゃみをしたときにかける言葉。「いいことがありますように」。そんな願いがこめられたお菓子&パンなんですね。


「DANS DIX ANS」(ダンディゾン)



さて、もう一軒、ダンディゾンさんというパン屋さんへ行ってきました。とてもスタイリッシュなお店で、そしてやはりびっくりするくらい混んでいました。パン・オ・ショコラ、バゲットなど3点購入。ダンディゾンのパン・オ・ショコラは、軽さを抑えていて、バターが作るしっとりした層が美味。バトンは二本。まだほんのりと温かでショコラがやわらか。お店のそばの公園でパンのかけらをボロボロこぼしながら夢中でほおばりました。うぅ。なんていい日なんだろう(涙)。 

多奈加亭


 写真は、多奈加亭さんの「レモンパイ」。
吉祥寺は、とっても素敵な町で、もう一日なんかじゃ全然足りませんでした。
いつかまたゆっくり来たいです。そしてそのときこそメンチを!!(←あきらめてない)