読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cipolinaの甘い生活

お菓子ときどき旅

Pumpkin Pudding


今月は栗で締めたかったんですけど、急にハロウィンのことを思い出しまして・・・。
久しぶりに「かぼちゃプリン」を作りました。
 えー、ご存じのように、プリンには「焼き」と「蒸し」の2つの方法がありまして・・・。カボチャプリンのように水分の少ないアパレイユ(プリン液)の場合は「焼き」が適していると言われているのですが、そこをあえて「蒸し」でトライ。
「蒸しプリン」のよいところは、口当たりがなめらかになるということと、なにより時間が大幅に短縮されること。そう、すぐ食べたかったんですワタシ。がるるるる!
「今すぐプリン派」の方はご一緒に。
レシピはこちら↓



「Pumpkin Pudding (かぼちゃプリン)」


【準備】

  • プリンカップの内側にバターをぬっておく(型出ししない場合はぬらなくてよい)
  • 蒸し器にお湯をはっておく(80度くらい)
  • かぼちゃをゆでて裏ごししておく


【材料】(130ccプリンカップ6個分)
※「キャラメルソース用」

  • グラニュー糖 40g
  • お湯 30cc


※「プリン用」

  • かぼちゃ 200g (皮や種をとりのぞいた状態で)
  • 卵 3個 
  • グラニュー糖 90g
  • 牛乳 300cc
  • 生クリーム 50cc
  • ヴァニラエッセンス 少々
                                                                                                                  • -

【キャラメルソースの作り方】

  1. 鍋にグラニュー糖1/3を入れて中火にかける
  2. 鍋を動かさずグラニュー糖が色づいてくるのを待つ
  3. 色がついてきたら、残りのグラニュー糖を少量ずつ加えて焦がしていく(少しずつ加えた方が結晶化しにくい)
  4. 全体がキャラメル色になったらお湯を注ぐ。鍋をまわしてキャラメルを溶かす (←ここちょっと危険)
  5. プリンカップに均等に注ぐ


【かぼちゃプリンの作り方】

  1. ボウルに卵を入れてほぐし、グラニュー糖の半分を加えて、泡立て器ですり混ぜる(グラニュー糖がとければOK)
  2. 鍋に、牛乳、生クリーム、残りのグラニュー糖を入れ、沸騰するまで温める(泡がポコポコ沸いてくるまで)
  3. 1のボウルに2を加えて混ぜる
  4. 裏ごししたカボチャを加え混ぜる
  5. ヴァニラエッセンスを加え混ぜる
  6. 別のボウルに漉し器をセット。4を漉し入れる
  7. キャラメルソースの入ったプリンカップに均等に注ぐ
  8. 蒸気の上がった蒸し器に型を並べる。(フタは布巾で包む・水滴を落とさないため)
  9. 中火の強火で1分。弱火にかえて15分〜20分蒸す
  10. 表面がふっくらとし、軽くゆすってもプリン液が流れなければOK。心配なときは竹串をさしてみる。澄んだ液しか出てこなければ大丈夫。
  11. 冷蔵庫で冷やす

 
 裏ごしがちょっとしんどいですけど・・(汗)。
 ときどき食べたくなるかぼちゃプリン。
 秋深し。とろり。幸せ。