読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cipolinaの甘い生活

お菓子ときどき旅

Ceramica Al-Yarrar Granada (グラナダ焼を探しに)

 旅行から戻ったら、魂が抜けたみたいになっちゃって。ボーっとしていたら12月になってしまいました。あわわ。

 今日は、グラナダで出会ったステキな焼物のことを。
 写真は 「CERAMICA AL YARRAR (セラミカ・アル・ヤラール)」という工房のお皿。アルハンブラ宮殿のタイルを彷彿とさせるテキスタイル。繊細に描かれたイスラム風の植物模様。表面を指でなぞるとわずかに釉薬の盛り上がりを感じます。優美で丁寧な手仕事におもわずためいき。縁の部分は茶色に金がまじっていて光線の加減で鈍く輝きます。
 アンダルシアでは「青」は神聖な色。グラナダ焼といえば一般的には「青」をイメージするそうです。(茶色買っちゃっいましたけど)。

青いティーセットとも目があったけれど・・・。


我慢。


 しっかりと梱包してもったお皿。欠けたり割れたりすることなく家まで連れ帰ることができました。
 このロマンティックな子には何が似合うのか。実に悩ましいところでありますが、とりあえずバナナクグロフをあわせてみました。
今回のクグロフは、薄力粉の代わりに準強力粉(フランスパン用の粉)とアーモンドパウダー。そこにバナナを練りこんで。香り付けにはオレンジの皮とラムを少々。
 

 ヨーロッパのお菓子っぽいと勝手にワタシが思っている、目が粗く&ずっしり&しっとり仕上がりになりました。
 クリスマスはすふそこ。そろそろお菓子やごちそうのことを考えなくちゃ。あと大掃除とかぼちぼち・・・・(再び意識が遠のく・・)。



Ceramica AL-YARRAR (セラミカ・アル・ヤラール)

  • add: calle juaquin costa,6 18010 Granada
  • tel: 958-223-618
  • 日・祭休み
  • 昼12時くらいにオープンするようです。途中シエスタあり。夕方は17時半〜20時30分くらいまで(日によって違うようなので要確認)
  • マダムは英語が話せます
  • http://www.alyarrar.com