読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cipolinaの甘い生活

お菓子ときどき旅

Maple Butter Doughnuts(メープルバタードーナッツ)


時々無性に食べたくなるドーナッツ。本気でダイエットしないとやばいというタイミングで、この波がやってきます。そして決して抗えないのです。ざざー(流されていく音)。
「焼きドーナッツ」にした方がカロリー的には◎なのでしょうが、脳裏に浮かぶのは「揚げドーナッツ」。
イーストを使って発酵させた生地は、空気をふくみフワフワの仕上がり。かみしめたときの弾力、口の中にジュワっと広がるおいしさは、イーストドーナッツならではのもの(そして油の力)。
グレイズは「メープルシロップのバターグレイズ」。聞いただけで倒れそうな名前です。
小鍋にメープルシロップ、バター、生クリームを熱してとろりとさせ、すこーし塩をきかせ、ドーナッツにまとわせます。
ハイリスクハイリターンなドーナッツほど甘く誘惑的なものはないと思うのです。
一人で流されるのは寂しいので、あなたも道連れ。レシピはこちら↓。うふ(こわい)




Maple Butter Doughnuts




【材料】(直径8cmのリング型 6〜7個分)

  • はるゆたか(強力粉)250g
  • グラニュー糖 50g
  • 塩 3g
  • ドライイースト 4g
  • バター 30g (室温にもどす)
  • 卵黄 1個 (室温にもどす)
  • 牛乳  160g (レンジ500wで30〜40秒。30〜35度に温める)


【準備】

  • A.クッキングシートを10cm角にカットしたものを6〜7枚準備

【作り方】

  1. ボウルにバターをいれ泡立て器でクリーム状になるまですり混ぜる。砂糖を加えさらに混ぜる
  2. 1のボウルに卵黄を加え白っぽくなるまでよく混ぜる 
  3. 2のボウルに、粉、塩、イースト、牛乳を入れヘラで大まかに混ぜ、その後手を使って表面がつるりとするまで15分ほどこねる(ミキシングマシーンなどを使う場合は7〜8分)
  4. 生地を丸くまとめてボウルに入れ、ラップでふたをする。温かい場所におき、40分〜50分発酵させる(一次発酵)。
  5. 二倍ほどにふくらんだら、指をさしてみる(フィンガーチェック)。指をぬいた後、生地がもどらなければ発酵終了。縮むようだったらもう少し!
  6. ガス抜き(パンチ)をして丸め直し、固く絞ったぬれ布巾をかけて室温で15分ほど休ませる (ベンチタイム)
  7. 麺棒で厚さ1.5cmくらいにのばし、抜き型を使いドーナッツ型にぬく(参考:直径8cm/中心3cm →大きさはお好みで)
  8. 天板にAのカットしたシートを並べ、ドーナッツをひとつづつのせていく。温かい場所で30分ほど休ませる(二次発酵)
  9. 7で余った生地については、再び丸め、ぬれ布巾をかぶせて10分休ませ、同様の手順でのばし→型抜→二次発酵
  10. 170度に熱した油に、ドーナッツをシートごと入れる。シートは自然にはがれるので取り除く。片面1分ずつきつね色になるまで揚げる
  11. あら熱がとれたら、グレイズの中にひたす


「メープルバターグレイズの作り方」
【材料】

【作り方】

  1. 小鍋に材料をすべていれて火にかける。沸騰したら、火を少し弱め、鍋を揺すりながら、とろみがつくまで3分ほど煮詰める
  2. 漉し器でこす
  3. 熱いうちにドーナッツを浸し、浸した面を上にして、網に並べて冷ます



イーストドーナッツの特徴は、バター・砂糖・卵黄をあらかじめ混ぜ合わせてから粉をあわせていくところ。こうするとさっくりとした食感の生地に仕上げります。しかし、けっこう時間がかかる生地。私は前の晩に仕込み、冷蔵庫で低温発酵(一次)させ、翌朝揚げて食べました。幸せな一日の始まり(か?)。写真↓、シンプルにお砂糖をまぶしただけのもの。これもまた美味。


 
 
明日からは煩悩を捨て、清く正しくダイエットに励みたいと思います。誘惑にも大波にも負けず。ほんとにほんとにがんばらないと・・・。