読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cipolinaの甘い生活

お菓子ときどき旅

Colombier(コロンビエ)


 焼き菓子倶楽部も5回目になりました。今日の焼き菓子は「COLOMBIER(コロンビエ)」です。聖霊降臨祭(復活祭後7回目の日曜日)のお祝いのお菓子として、南仏プロヴァンスに古くから伝わるもの。天から降りてきた聖霊を「白い鳩」(COLOMBE)に例え、この日を祝福するためのケーキを「COLOBIER(鳩小屋)」と呼ぶようになったそうです。
 砂糖漬けしたフルーツとマジパンを練り込んだリッチな生地。外側にはフォンダンをかけ、リボンをキュッと結びます。特別な日の特別なケーキ。でも教えてくれたリッツのシェフは「いつ食べてもいいんだよ。だってこんなにおいしいものを年に1回だなんて誰が決めたの?」(←自由人)。
 天から降りてきたお菓子は、しっとりとした口当たり。豊かなバターの風味。悩ましくも罪作りなのでありました。